img_01

迷わず選べるインプラント

気功とは、体の中の「気」というエネルギーを通じて、生命力を最大限に発揮させていくことです。 健康を維持していけたり、病気などが治るのは、そのせいです。
気功のふるさとである中国では、政府がバックアップして「中国科学研究会」のもとに医学、体育、教育、超能力の四つの全国的研究が、最高レベルの科学者と実践家を組織して進められています。 病気の予防、治療、体力増強、老化防止に用いられるばかりでなく、スポーツトレーニングにも応用されたり、高度な能力開発から自閉症予防まで、教育の現場でも用いられています。
このように、中国では気功は科学を革新し、人間の能力を高めるものとしても大いに期待されています。 「気功」の「気」とは、すべてのものに潜在するエネルギーで、中国で老子や孔子の昔から、あらゆる哲学者の論議の対象になり、現在はまた、さまざまな立場の科学者が研究を繰り返しても、まだその実態がよくわからないのですから、これから知ろうとする人が、わかりにくいのは当然です。
しかし、正体がわからないからといって、存在しないというのはどうかと思います。 「気」が上がればカッカしますし、「気」が下がれば落ち着いて安定します。
「気」を使えば疲れますし、「気」が通じれば仲よくなります。 手に針を打って痛みを止めたり、心臓を楽にすることもできます。
そういう心身をつらぬく「気」の通路が、体のあちこちに通っているのです。 人間だけでなく、植物にも鉱物にも「気」はあります。
「もの」にあるだけでなく、その背後に潜在するエネルギーがある、それが「気」なのです。 荘子は、「気」が集まればすなわち生、「気」が散ずればすなわち死、といっています。
その意味では「気」は生命の源といえるのではないでしょうか。 A病院には気功科もあって気功は伝統的なものであると同時に、中国の医学のなかで「鋪灸」、「あんま」とともに病院の中に医療として正式に採用されるところが少なくありません。

気功科というのもあるぐらいなのです。 自分でする内功と他に与える外功で保健と治療のための気功は、内功と外功に分けられます。
内功は自分でする養生気功です。 それに対して、外功は内功で養った気の力を外に出して、他人のために気を与えることです。
中国の病院では、内科や婦人科と並んで「気功科」をつくっていくことが衛生部の方針ですが、すでにある気功科では、患者さんに外気功を施す一方で、患者さんが自分で自分の気を養っていく方法を伝えています。 また、大都市の公園では、どこでも保健のための気功がやられています。
現在では、このような気功の人口は、太極挙を抜いて一千万とも二千万ともいわれています。 気功の中には、一見すると体操のように体を動かすものもあり、座禅のようにじっとすわったまま行うものもあります。
自分をマッサージしたりたたいたり、特殊な呼吸法を用いるものもありますが、その目的はどれも同じで、体の中の気を整え、滞りを取り除くことなのです。 呼吸は天の気を取り入れるもので、気のコントロールにとって重要なものです。
また、不随意に動いている内臓の中で唯一ある程度コントロールできるのが呼吸なので、外から内に影響を及ぼしていこうとするときに、まず使われるのが呼吸法です。 しかし、気功は気を中心にして考えますので、呼吸法が気功のすべてとはいえません。

気功を学んでいくには、姿勢・呼吸・意念が三要素となり、それらが一致することがとてもたいせつです。 気功法の種類はおよそ二千流派あるといわれています。
大別すれば、動きをともなう「動功」、外から見るとじっとしているように見える「静功」、マッサージやあんまをする「按功」とに分けられます。 動功には、焦国瑞老師の「太極十五勢」「内功八段錦」などや、外気療法を行うための功法でもある「外丹功」、周稔豊老師の「八段錦」「亀蛇気功」、馬礼堂老師の「動功」の場合で、動功は動きによる心理的解放、動きをとおしての経絡治療、身体ほぐしと筋肉刺激の運動療法を主とします。
より深い層の病気に作用するのが、大脳沈静、自律神経調整をすることです。 深い「入静」のもとでは、脳の酸素消費量が熟睡時の倍にもなります。
「按功」は主として経絡治療ですが、比較的簡単な大脳休息にも役立ちます。 「太極功」「六字訣」、大衆的な「練功十八法」、北京で最も人気があるといわれる楊梅君老師の「大雁功」、一時大流行した「鶴翻庄」などさまざまなものがあります。
各種の太極挙もこれに加えていいでしょう。 肩や腰が痛いとか、疲労感があるとか、便秘だという人に対してはすぐに効果があるはずです。
高血圧、不眠症、ぜんそく、潰傷のような心身医学的側面の強い病気には、一般に高い効果を上げています。 精神病には使えないということですが、応用として実験が進み、軽いノイローゼや軽い神経症には効果が認められています。
さまざまな慢性病、成人病に対しては大きな成果が報告され、特に、心臓や血管系については著しい効果がみられます。 また、脳性マヒ、脳血栓によるマヒ、神経性のマヒ、血行障害などにも有効ですので、リハビリや回復医学の分野にも大いに期待されています。
癌治療においても、一般に免疫力を高め、全身を活性化していく気功は、一定の延命効果があることが実証されています。 できるだけ緊張しない心身の状態、環境が必要で、そうでない場合はしないほうがいいということになります。

また、大小便をすましておかなければなりません。 この状況に応じて、特定の気功をしないほうがいい場合があります。
熱のある時は、あまり気をめぐらせないほうがよく、月経や妊娠中の女性はあまり気を下げないほうがいいなどです。 一般的には、気を頭に上げない、むりをしない、気持ちのいい範囲で行うのが鉄則です。
気功が早く上達するコツは、一生懸命やらないで少しずつ練習を積み重ねていくことです。 ですから、あせって効果を求めて練習すると、逆に疲労したり、病状が悪化したり、めまい、頭痛、吐き気、幻覚などのマイナスの副作用が出てくる原因にもなりかねません。
呼吸法を行う人は、足の力を抜き、いくぶん開き気味に、気分をリラックスさせ仰向けに寝ます。 呼吸を誘導する側の人は、呼吸する人の横に座り、自分のおなかを前方に向け、胸を突き出し、手に気を集めます。
気が集まれば、その片手を呼吸する側の人の下腹部にしっかりと当ててください。 呼吸する人は、あてがってもらっている片手の気を十分に感じながら、下腹がパンパンになるまで、大きく息を吸い込みます。
このとき、あてがわれている手がちゃんとくっついているかどうかを確認してください。 手をあてがっている人は、下腹に当てた手より、胸に当てた手のほうの力が少ないようにしてください。
こうして、座っている人の両手と、呼吸する人の下腹と胸を通して、二人の間に「気のサーキット」ができるのです。 このとき、座っているほうの人が、下腹と胸に当てた、両手の力加減をはっきりとつけること。
また、呼吸する人は、下腹をパンパンに張っていること。 「気のサーキット」が完成すると、呼吸する人はしだいに身体が反り上がってくるはずです。
この状態をキープしながら呼吸する人はゆっくりと息を吐いてください。 こうして息を吐き始めると、同時に横隔膜のけいれんが始まってきます。


インプラントがさらにリアルになりました。インプラントを導入してみる価値はありますよ!
インプラントを楽しもう。誰もが楽しめるインプラントです。
インプラントを狙うなら今がチャンスです。インプラントをすばやく探せます。